FC2ブログ

スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灰色の景色

2010-02-22 Mon : 追想のこと 

こころが沈んでいると目に入るものすべてがは灰色に塗り替えられ、色あせて見えるのは心から太陽からの光が消えてしまったのでしょうね。この写真も辺境の世界に迷い込んだような心を反映しているようです。この景色をみつめながら、些細なことで喧嘩しながらののほうが楽しいものだと再認識いたしました。

2006_12160101.jpg 2006_12160083.jpg 

スポンサーサイト

一人旅ってさびしすぎます。

2010-02-21 Sun : 追想のこと 

2006_12160010.jpg 

2006_12160076.jpg 

 
何故 人は一人旅にあこがれるのかしら、美味しいお料理食べていても、美味しいねって声が出せないのに。綺麗な景色見ても、感嘆の声を叫べないのに、どうして一人旅に出るのかしら、泣きそうになるくらいさびしかった思い出があります。そばにいるだけでも心強いから一人旅より良いかな、とおもって二人姉妹と私と3人ででかけました。フランス一周の旅へ。時は冬。季節もうらさびしさが漂っていました。姉妹はいつでも二人なのね。私は一人、何につけてもふたりと一人、日が経つにつれて、綺麗な景色見ても、なにも感じなくなりました。美味しいフランス料理食べても、ちっとも美味しくなく、だんだん家族が恋しくなりました。今までの旅はいつも家族だったので、ますますの家族のありがたみが一入でした。一人旅の寂しさはこの旅行でおしまいにしようと心に刻みつけました

NHK深夜便の今月の歌を聞いたことがありますか。

2010-02-21 Sun : 追想のこと 

Dec01039.jpg

 

一つ一つの詩の中に過去の思い出がよみがえり、走馬灯のように心を映し、 幾つもの悲しみや後悔に再慣れる人生を振り還りながら、残された人生を大事に大事にして、未来に向かって歩きだしていき、これからもっともっと良い思い出づくりをしていきたい、と決心するほどの素晴らしい調べです。この詩の中の (また どこかで逢えればいい、小さな幸せでも大事にしましょう)が一番すきです。別れてしまった人でも姿を変えた形で 又 どこかで逢えそうな気がします、きっと、ね。未来に希望が繋がるように。 

夜明けのメロディー
:ペギー葉山  作詞:五木寛之  作曲:弦哲也
朝の光が さしこむ前に
目覚めて 孤独な 時間が過ぎる
あの友は あの夢は 今はいずこに

※還(かえ)らぬ季節は もう
忘れてしまえばいい
すてきな思い出だけ 大事にしましょう
そっと 口ずさむのは 夜明けのメロディー※

花のいのちは みじかいけれど
重ねた 歳月(としつき) 背中に重い
歓びも 悲しみも みんな人生

愛して 別れて また
どこかで逢えればいい
ちいさな幸せでも 大事にしましょう
そっと 口ずさむのは 夜明けのメロディー

(※くり返し)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。