スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大好きな建物100選は如何でしょう?? その③

2011-01-29 Sat : 建築様式 
現代建築へようこそ!! w3.jpg

若戸大橋
洞海湾をまたぐあざやかな深紅の大吊り橋で、工期3年6ヶ月、100万人の労力と51億円をかけ、若松と戸畑を結ぶ夢の架け橋として昭和37年9月に開通しました。
東京オリンピックの二年前,昭和37年(1962年)に完成
日本の橋梁設計・建造技術は ,まさにそしてw2.jpgw16.jpg

戦後の日本を代表する名建築として高く評価されている、この建物へと花開くのである。
w17.jpg
その名は正式には「国立代々木競技場 第一体育館」
意匠:丹下健三、構造:坪井善勝の二大巨匠が、1964年の東京オリンピックの為に造りあげた競技場です。特徴的な高張力による吊り構造内部に柱を持たない珍しい構造の建物である

w14.jpgw7.jpg
w9.jpg w13.jpg
なぜ丹下先生はこの体育館で吊屋根構造を選んだのか
・・・若戸大橋の完成の自信と技術と
ル・コルビュジエの幻の超大作
w5.jpg
ソビエト宮殿 Palace de Soviet」コンペ案(1931大劇場の巨大な一枚屋根を巨大な梁と放物線アーチによって吊り下げるという
それまでだれも考えなかったような、驚くべき案なのです。
この二つの要素はミックスされて
それが世界を驚嘆させたこの「吊屋根構造」と姿を変え
 ここに登場いたしました

w12.jpg
w15.jpg

この屋根には「和」のイメージ「上に反り返る屋根」
・・・まさに日本のお寺なのです。
日本の寺社建築に「見立てた」のです。
「見立て」は日本の伝統的な表現手法。
扇子は扇子のままなのに「キセル」や「そば」、腰から引き抜くと「刀」のように暗示が理解できる日本人の恐るべし能力であろうと思う。

観客席は大きく張り出した「軒」の見立てです。
ケーブルのフックが軒先の「垂木」
w6.jpg
当時のスタッフの平均年令は20代だったそうです。この時代はコンピュータもない時代なのに、、、全部手計算だと思うと気絶しそう。そうか私も昔々学生時代にラーメン構造を計算尺と手計算でしましたね、それとこれとは規模が違いすぎますよね。

w10.jpg

ル・コルビュジエは自分では出来なかった大空間をまさか東洋人の弟子の一人が「懸垂曲線」で作り上げた事が信じられずに、ショックのあまり、倒れて一年後に亡くなってしまったという本当のような話御存じでしたか?

w8.jpg
越屋根部シート防水改修等の工事中。張り屋根の構造が観察出来て貴重な珍しい写真の一枚ですね。

スポンサーサイト

トラックバック

http://47hirome.blog129.fc2.com/tb.php/115-0fc87658

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。