スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アタチュルクの描いた国  トルコへ ①

2013-01-25 Fri : 旅行こと 

 アジアとヨーロッパの交差点

  
  フィンランド他3カ国を観光して来て以来、37年間同居の姑の入院看護、、葬儀、一回忌、、孫の小学校卒業記念旅行、、等等で一区切りをつけて、庭の花々も春を待つ準備中、この冬、やっと趣味の海外旅行へ出かける事に致しました。残っている国ギリシャ、エジプト、トルコ、ニュージランド、オーストラリア、南米、など選ぶのに一苦労、トルコ航空が2年前に中間クラスを売り出したとの情報でトルコに決定。決まれば 迷わず ルックJTB
日程表1 
 

とりあえずトルコについて豆知識。
国旗
ケマル

ムスタファ・ケマル・アタテュルクについてトルコ共和国の元帥、初代大統領(在任192310月29 - 19381110日)。トルコ独立戦争トルコ革命を僚友たちとともに指導したことで知られる。トルコ革命導者、トルコ共和国である。

「ケマル」は幼年兵学校時代に数学教官から与えられたあだ名で、「全な」を意味する。

簡単に、ニコニコ大百科やウェブ検索で調べて記憶にいれて。トルコ


面積  780,576平方キロメートル(日本の約2

人口  74,724,269人(201112月、国家統計庁推定)

首都    アンカラ

民族トルコ人(南東部を中心にクルド人、その他アルメニア人、ギリシャ 人、ユダヤ人等)

言語    トルコ語(公用語)
宗教    イスラム教(スンニ派、アレヴィー派)が大部分を占める。
その他ギリシャ正教徒、アルメニア正教徒、ユダヤ教徒等。サアー出発
日本の国から飛び立ちます
黒海を横断仲
飛行機は黒海の上に、もうすぐです
コンフォートクラスはビジネスとエコノミーの間というけれど、ほとんどビジネスな感じ!いざ、イスタンブールへ!胸躍るネ!そしてファーストクラスはなく、
ビジネスクラス28席と、エコノミークラス246席、
そして、その間にコンフォートクラス63席という構成です
コンフォート
私のシートは窓側である で ある。
すぐに、アメニティの入ったポーチとスリッパが、
エコノミークラスも含む、全クラスに配られます

バック

その中身です。
中身 
滑り止めのついた靴下、靴べら、
アイマスク、耳栓、クシ&ブラシ、歯ブラシ、歯磨き粉。

そして、特に女性にうれしいリップクリームとモイスチュアライザー。
    
    

こちらは、ドイツ製ボグナーです。自分としてはボグナーブランドのリップクリームが目を引きました!【クリームも素晴らしいです】

そして、写真中央にある小さな紙、分かりますか?
眠っているときに食事の時間になったら
起こして欲しいというサインのシールなのです!機内食2

クルマエビとサラダ
機内食1
鶏の胸肉 地中海の野菜バターライス

トイレについて
広い広いですよ、すごく。エコノミーの2倍はあります
しかも、右と左で内装が違います
進行方向左側のトイレは、
シンク周りが黒なのに、シンクは白。照明が女優ライトです!
進行方向右側のトイレ。シンク周りは黒で統一されています。 

水栓も違います、右はセンサーです。左は上からたたくと出る。日本語の上手な乗務員に出し方を聞いちゃいました。

機内食3フルーツケーキ

空港へ到着夜景1

 今までの幾度の飛行の経験で平気だった私に今回初めて襲ってきたエコノミー症侯、痛い、足がおかしい、足が何か変、正座した時のしびれが右足に襲いかかっている。歩けない、歩けない。どうしょう心配する私に惨い鞭の一言、皆に迷惑掛けるな、、、そんな事言われても、、痛くて痛くて。

良い席に座ったので罰があたったのよ、きっと。
右足を引きずりながらやっとたどり着いたデラックスバス。
この痛い足で旅行出来るのでしょうか?

15年前に罹った坐骨神経痛がゾンビの様に右足に蘇ってきた
あの痛さ、信じられないこんな事。あの痛さが又襲うこの右足に

どういうわけで持ってきたのだろう、歯医者で頂いた痛みどめ。
三日分は飲んで歩けるようになればいいね。

添乗員さんが良い人でとても良かった助かりました。し、階段や長く歩く場所はいつも一緒にいてくれて、とてもとても至れり尽くせりおんぶにだっこ。とても安心していられた事に感謝です。

これから痛い足との二人三脚の珍道中
これから始まる旅をこうご期待!!!!
 

トルコ航空直行便で約12時間半のフライトの後、無事イスタンブールに到着。
入国審査に並びます。パスポートを出し何の質問もされずに、入国審査に必要な紙等もありませんのでとても楽でした。ターンテーブルへと着くとすでに荷物をポーターさんが回収して、私たちは確認だけ。バスのトランクからも各自荷物を各部屋へと配置してくれるので大助かりです。さすがJTB!!!











    

   
   
   
  


 



 


 

 
スポンサーサイト

トラックバック

http://47hirome.blog129.fc2.com/tb.php/132-032df1d4

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。