スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アタチュルクの描いた国  トルコへ ②

2013-01-27 Sun : 旅行こと 
アジアとヨーロッパの交差点
コース2  

ガイドさんを紹介いたします。「オバマ大統領のミドルネーム」知っていますか?。大統領の名前は、Barack Hussein Obama、そう、ミドルネームはフセインです。オバマ大統領もイラクの独裁者だったフセインと同じ名前を持つのだから、ガイドさんがフセイン氏である事は大したことでは有りませんよね。


フセイン氏




トルコリラ

300ドルを空港で両替、5%の手数料払い505トルコリラを受け取る。これが私たちのお金です。飲み水とトイレ用に使います。グランドシエバヒルホテル 

  
トルコ旅行の第一日目に宿泊したイスタンブールのホテル『グランド ジェバヒル』ホテル1
添付した写真は、客室にあったこのホテルのパンフレットの一部です。同じお部屋でした。 部屋1
1泊ホテル 
このホテルは、イスタンブールのヨーロッパ側・新市街地のシシリー地区に有り、繁華街からはかなり遠いですが、旅行代理店のホテルグレードランキングでは、最上級DXに分類されています。【普通の腰かけ便器にはすべてお尻の洗浄器が付いている。けど手回しの為か的には命中せずトイレだけは日本で使い慣れているウォシュレットが懐かしい】朝飯
バイキングの朝食、
パン

甘い甘い菓子パンが豊富
朝7時30分の出発、小雨の中で移動開始 雨の朝 
バスはマルマラ海添に走り、1時間位経ったでしようか、辺り一面晴ればれで2重の輪の虹が描かれました。幸先いいかも!!!
虹2

 
第一回目の休憩です。トイレは有料で1トルコリラ【50円】休憩11 (2)
休憩11 
初めて見たトルコ式トイレ、扉の方に顔向けて、お尻は壁に。412 - コピー  
あこがれのエーゲ海も見えてきましたエーゲ海

昼飯
昼食のレストランが見えます。
   
フェリー乗り場の隣です。
ご飯_01
焼きハンバーグと春巻きとバターライス、
おいしかったです。
424_01_01.jpg
デザートはユベシ風甘い御餅
初体験のトルココーヒーコーヒー
トルココーヒーの諺について
トルコ
には他人に親切にせよという意味で、「1杯のコーヒーにも40年の思い出」というがある。トルコ語で「40」には「かなり大きな数」という意味があり、「40年の思い出」とは「長年の思い出」ということになる。つまり、他人に1杯のコーヒーをご馳走するだけで、その親切をなにかにつけて思い出してもらえるものだ、という教えになる。トルココーヒーは通常、小さいカップ(フィンジャン)で飲みます。5リラでした。塵くさくて甘すぎてコーヒーとは思えない味でした
ノリバダータネルス海峡の1時出発のフェリーに乗ります。フェリー

乗り葉かもめ
残ったパンをかもめに投げたら、こんなに飛んできました。
1440 -かもめ
さあーこれから始まる大トルコの旅です。これからトロイへめがけて進みます。次回へ続きますヨお楽しみに又立ち寄ってください!!!!!!

スポンサーサイト

トラックバック

http://47hirome.blog129.fc2.com/tb.php/133-ffee2d3c

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。