スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この映画をみてから  (ドイツ統一)

2010-03-10 Wed : 趣味のこと 

母と子の物語ですが。

よく聞く所の単なる母と子だけのありふれている映画ではありません。エピソードが盛り沢山。

その逸話の中の一つの話です。

母が机の引き出しにコツコツ貯めていたヘソクリ、

その机にヘソクリが入っていたとは知らない家族が売り払ってしまいました。

記憶を戻した、母に告白されて、その机探し。

あっちこっちと、やっと見つけた机の中の沢山のヘソクリ。

  ほっと  したのもつかの間でした。

東ドイツマルクからドイツマルクへ

通貨交換しに銀行へ行った息子へ、

行員の言葉、「交換期間は終わっています。」の一言

今 手にしているのは、役割のおわったただの紙切れ、

がっかりした主人公。そんな落ちまで付いている映画でした。

こんな体験をしている旧東ドイツの人もきっといるはずですね。

グッバイレーニン

映画 『グッバイ・レーニン!』

 
                              

 主人公の母、クリスティアーネは、東ドイツの「社会主義」を信じていたが、息子のアレックスは、SED(社会主義統一党)の支配に反発し、デモに参加する。息子がデモに参加しているのを目撃した母クリスティアーネは、心臓発作を起こし昏睡状態に陥ってしまう。そして母が昏睡状態の間にドイツは再統一してしまう。

 医師から再度ショックを受けると死んでしまうかもしれないといわれたアレックスは、母に東ドイツが亡くなってしまったことを伝えられない。旧東ドイツのピクルスを必死に探したり、ジャムのラベルを張り替えたり、友だちと一緒にニュース番組を作成したり、アレックスは母のために消滅した「東ドイツ」を作り続ける。

 作品は、ヒューマンタッチで家族の絆を描いているが、同時に再統一したドイツの現実に対する視線も忘れてはいない。再統一から15年、ベルリンの壁で市民が踊り抱き合った熱気もすでに醒めている。

旧東ドイツ地域での失業率は依然として高く、極右の伸張も懸念されている。旧東ドイツの民主化を求めた当時の「市民運動」も、再統一の過程のなかでは後景へと退けられてしまった。こうした状況のなかで、作品は東ドイツの体制を批判しつつも、単純に統一ドイツを賞賛しているわけではない。むしろ、アレックスが母のために作ったニュースのなかに、あるべき社会の希望を託しているかのようである。
 

本作品は、2003年にドイツで公開されると同時に、ドイツの歴代記録を塗りかえる大ヒット作品となった。日本での公開は、2004年2月。舞台はドイツだが、そのメッセージは普遍である。

                             

 

ドイツ統一という前代未聞の歴史の重い話を楽しく、笑い、この映画を観ている人の心に

一組の素晴らしい母と子の家族愛の話を

1ページの側面として捉えた名作です。

見ていて嫌味もなく、(ちょっとオーバーかなって感じましたけども)

笑いもありストーリーとしても起承転結がしっかりしているので、

見ごたえがありました。

歴史のテーマと家族の思いやりを感じられる大好きな1本でした。

母親の愛をここまで深く描けることができる 素晴らしく面白い映画です。


映画という存在がなければ語れない。

この重いテーマがこんなに美しく描けることが出来るのも映画だからこそだと思います。

 
東西冷戦もあり友情もあり、色々な事が盛り沢山描かれて楽しいです。


貴重な経験が得られたひと時でした。

スポンサーサイト

今晩は

映画お好きなんですね

私も映画は大好きでアップもしています

最近では「インビクタス」アップしました

映画 『グッバイ・レーニン!』は知りませんでしたが

悲しいですよね

戦争がもたらした悲劇

今日の私のアップはオランダですが

第2次大戦中 かなりの犠牲を出しています

今も戦争は世界の至る所でありますよね

ただただ愚かで悲しいことですよね

またご訪問お待ちしています

おはようございます。

映画の1シーンをみているようないつも綺麗で豪華に纏められてとても感心して見入ってしまいます。気持ちが豊かになり、若さと美貌を分けて頂いたような気分になれるのがうれしいですね。若変えそうで明日の活力になれそうです。
建築に興味があるとのこと、私もです。大好きな建築家は ル コルビュジェです。合理的な中にリズムやハーモニィーを感じさせる、ちょっと無機質な所がいいですね。日本では藤森氏や安藤氏が解り安くて身近に感じられます。黒川氏は何かに媚びていて好きになれません。が今 若い 隈研悟氏 が和を基調にしてとてもいい美術館などの設計しているので、まだまだ日本の未来は明るいですね。眺めているだけで年寄りの私にはなにかホットするものを感じます。これからもお立ち寄ってくださいね、よろしくね。今重すぎるテーマを選び過ぎてどうして纏めていいやら解らないジレンマに陥っています、良いアドバイスあったらお教えください。

トラックバック

http://47hirome.blog129.fc2.com/tb.php/18-c89b9554

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。