スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔から現在へ 知っておきたい建築様式のススメ【4.4】

2010-04-19 Mon : 建築様式 

ギリシャ イメージ 

ギリシヤ建築 その4
④ヘレニスティック期の神殿→コリント式の登場(アテナイのオリュンピエイオン  

コリント式という名は、古代ギリシアの都市国家のひとつであるコリントスに由来する  
{後記参照}
  4. コリント式オーダー(イオニア式の亜種=乙女の肢体) 
  ・コリント式…柱頭に技巧的で華美な装飾がついている。
                     
柱身がさらに細くなっている。 

 アルテミス神殿

ウィトルウィウスは『建築について』の第四書第一章においてコリント式オーダーについて触れ、その比例関係はイオニア式と同様であるとしている。ただし、柱頭のみは柱直径と同じ比であるとしている。このため、コリント式はイオニア式よりもほっそりとした印象を与え、繊細な肢体を持つ少女に準えられる。セルリオは、このオーダーを処女マリアに捧げられるものと考えた。


パルテノン遠景 

光に対してしっかり配置された、外の世界と内なる神の神聖な像を包含する暗いセラの間のスクリーンの様な、光のこのまばゆいばかりの列柱廊は、ギリシアの聖所の革命的様式を提示している。この囲み柱廊全体が外の世界として、神殿の屋根を支えている柱身群の方式の、この一連の並んで立つ石の円柱の、そして内なる神聖な主要部のこの効果によって、「ギリシアのオーダ」の正真正銘の、特質を発している。それらは、それに、特定の印を吹き込み、それに、鮮烈な斬新さを与えている。


パルテノン神殿
配置図
 


アテネのアクロポリスのプラン
ペリクレスの時代以来、上層の都市全体(ミュケナイ時代の厳密な意味での都市の場所)が、神々だけに与えられてきた

1.プロピュライアの前のアネナ・ニーケーの神殿
2.プロピュライアの内側のファサード
3.アテナ・プロマコス(Athena Promachos)の巨大な像。
4.Chalkotheke の記念門
5.パルテノン神殿或いはアテナ・バルテノス(Athena Parthenos)の神殿
6.エレクテイオン
7.アテナの祭壇



 
いちばん奥の主室、中間の前室、いちばん手前のポーチから構成される長方形の住居形式(メガロン様式)。玉座となる主室中央には4本の柱に囲まれた炉が据えられ、ポーチには2本の柱が建てられる。の形式は宮殿様式として採用された。室内には装飾文様が描かれている。ギリシア神殿はメガロンの様式を受け継いだものである。
列柱廊に基づく建築はイオニア様式とドーリス様式はギリシアの芸術の欠かせない構成要素であると云われている。なぜなら、聖所を囲む外側の柱のこの環の創造と活発な発展は、ギリシアの神殿の特徴であるからです。


コリント式円柱


コリント式の柱頭についている飾りは
、「アカンサスという南欧原産の植物の葉を組み合わせたものです

紀元前5世紀頃に、アテナイで発明されたオーダー。柱頭部分は、コリントスにおいて、墓地に捧げられた篭アカンサス覆われたものを彫刻家が模して創ったと伝えられている。この話の真偽は定かでないが、アカンサスの葉を模しているのは事実であると考えられる。通常は、柱頭に上下8枚ずつ、互い違いに アカンサスが彫り込まれるが、装飾の豊
かさと自由さによってヴァリエーションも多く、柱の装飾として好まれた。
 



Acanthe.jpg 


アカンサス(Acanthus、ハアザミ、葉薊)は広義にはキツネノマゴ科ハアザミ属(アカンサス属 Acanthus) の植物を総称していうが、普通は特に観賞用に栽培されるA. mollisを指す。
《 柱の上はアカンサスの葉 アカンサスは葉アザミ 多年草 》



 余談ですが
東京ディズニーシーの敷地内にコリント式の柱が2本立ってます、根元にアカンサスが咲いてますよ。すぐ後にローマの水道橋の塀があり、円形神殿と示しています。が神殿の建物はなく柱の建っている地面が茶色に丸く色分けされているだけです。是非見つけてください。そして今まで出題してきたギリシア式の柱がたくさんあちこちあります。時間が許す限り楽しみながら探してみてね。


  ゼウス神殿 オリンピア
 ギリシャ・アテネ市内


 
 

 


ヘレニスティック期
④     (紀元前320~30年頃)
紀元前3世紀初期 アルテミス・キュベレイ神殿(サルディス)
紀元前3世紀初期 リンドスのアクロポリス神域(ロードス島):世界遺産
紀元前3世紀後期 アクロポリス神域(ペルガモン)
紀元前300年頃 アポロン神殿(ディディマ)


ペルガモン初め1 
ベルガモン博物館にて


 歴史的には目まぐるしい変化を辿ってきたギリシアだが、その文化は、ヨーロッパの古典として後々まで深い影響を与え今なお尊重されている。古代ギリシアの文化・文明の特徴を総括するとともに、何よりも人間的で明るく、合理性を重んじたことにあると思う。

ギリシア美術もしかり、同時代の古代エジプト美術が3000年間にわたってほとんどその様式を変えなかったのとは対照的に、初期の古拙・幼稚な段階から驚くほどの速度をもってその様式を発展させ、紀元前5世紀紀元前4世紀頃には、西洋美術の永遠の典型とされるクラシック美術を開花させた
ユネスコの標章は、古代ギリシア文明がもたらした精神的遺産に敬意を表し、パルテノン神殿にUNESCOの6文字を配してデザインされたという。
パルテノン神殿にUNESCOの文字を組み込んだユネスコの標章

パルテノン神殿にUNESCOの文字を組み込んだユネスコの標章


又日本にありましたね。 コリント式です。
画像


施工は1934(昭和9)年、設計は岡田信一郎。

明治生命は安田生命と合併して名前が変わったけれど、建物の名称は明治安田生命館です画像

本社ビルとして現役利用されています。
コリント式列柱が並ぶ古典様式 明治生命館

%89%A1%95l%97X%91D%83r%83%8B.jpg
横浜郵船ビルは昭和11年にできた建物で、
古典主義様式建築の最後期の作品です。
構造は石造ではなく鉄筋コンクリート造です。
古典主義様式の最大の特徴が、海岸通りに面して立つ コリント式の16本の大円柱。

スポンサーサイト

たびにゆくさん

私も建築物が好きですが、こんなに詳しくありません

ユネスコの標章の意味も知らなかったです

ありがとう、また多くの知識が増えました

私は建築家ではフランク・ロイド・ライトが好きで

ホームページにアップしました

お時間ある時、私のブログにリンクしてあるHPバナーから

ジャンプして見て下さいますか

たびにゆくさんのような方に見て頂けたら嬉しいです

感想コメントお待ちしています

どうぞ遠慮なさらず公開コメントなさってね

あれだけの文章勿体ないです

先日も素晴らしいコメントありがとう

明日は映画案内です

またご訪問お待ちしています

トラックバック

http://47hirome.blog129.fc2.com/tb.php/57-3f1d1609

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。