スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔から現在へ 知っておきたい建築様式のススメ【4.10】

2010-05-05 Wed : 建築様式 
サントリーニ島/ティラの街並(イメージ) 
ギリシヤ建築 その9
 都市建築→アゴラ(広場)  前回にて
                  ストア(柱廊)   今回

これでオリエント世界建築の終焉です。次は初期キリスト
教会建築へ進みます。
07 アゴラのアッタロスのストア 
アゴラを形づくる主要な建築物はストアです。
アゴラ002
アテネのアゴラ配置図
都市の中心部には、社会活動のための公共広場であるアゴラ(広場)が置かれ、プリタネイオン(評議会)、ブウレウテリオン(百人会会議場)、そして今日の多目的ホールに近いストアなどの公共建築が設けられていた。
ストア(柱廊)
アッタロスのストアΜΟΥΣΕΙΟ ΑΡΧΑΙΑΣ ΑΓΟΡΑΣ 
(Stoa of Attalos Museum)
アッタロス中廊博物館
「アッタロスのストア」はヘレニズム期の紀元前150年頃、アテネに学んでいた小アジアのペルガモン王「アッタロス二世」が寄贈したもので、近代に古代にあったままに再建された。長さ約115メートル、幅20メートルの二階建てという立派なもので、現在は博物館になっているが、「古代ギリシャ人がみていたままの建物」という意味で非常に貴重です。

 15 アッタロスのストア内部の博物館
アテネ004 (2)  上はアッタロスのストアの断面図
下はアッタロスのストアの平面図
外側が45本のドーリア式、
中間は22本のイオニア式列柱が並ぶ。

現在博物館になっており、その柱廊部分にはここで発掘された彫刻群が展示されている。多くは破損が激しく首がとれてしまっているものが大半です。
   
南側の壁にアポロン像と出口 の階段 がみえます。
このアポロン・パトロオス神殿から発見されたアポロン像で、紀元前330年のものです。 

 








アゴラを形づくる主要な建築物はストアである。紀元前6世紀頃から作られはじめ、通常、1列あるいは2列の列柱の背後に、壁もしくは小部屋を設けた。場合によっては、ストアにな公共施設が組み込まれることもあった。これらの建築物は、ギリシアの社会構造の形成過程や組織体系をはっきりと示しており、一般的に時代が下るにつれて機能が細分化され、内部空間が拡大されていく様子がわかる。古代には、商店や事務所として使われていた


  景観重視(プリエネペルガモン)
プリエネ イオニア人が築いた古代都市プリエネは、道路が東西南北に碁盤の目のようにめぐらされた整然とした町並みが計画都市の遺跡として有名である。
プリエス  
プリエネは紀元前300年頃イオニア人による最古の計画的な都市設計がなされた格子状の町並みで知られています ストア7
上の写真はベルガモンの都市の配置図
下の写真はペルガモンの復元図
ペルガモン12 
パロラマの様に広がる美しい眺望を備えた都市計画の究極の姿が、紀元2世紀頃からローマ時代にかけてのベルガモンである。斜面にそって、劇場、神殿、アゴラ、宮殿などの全ての建物が劇場の客席のように扇形に広がり。また棚田ように下から上に積み重なりながら建物が絵画のような都市景観がつくり出されている。
プリエス5 
私生活の世界 住宅 について
二つのタイプがある。中庭のようなスペースの周りにいくつかの部屋がつくられている。もう一つはホールの前にポーチ がつく シンブルな建物があったが、前者の方が好まれて継承されてきました。
前面部分は中庭に面した柱廊による通路となっていて。もっとも大きな部屋は食事室であり、その床には玉石による多色モザイクが施されていた。中庭の下には貯水槽が設けられた。窓や出入り口なども綺麗に装飾されました、こうした住宅が地中海世界のギリシャ植民地都市の標準な住宅タイプとなりました。アテネ6
ギリシャの植民地だったポンペイに残されている住宅の床のモザイクタイルはそれぞれの住宅において模様が違い。競うようにカラフルです。今なお現在も素晴らしく、何年か前に見学してきましたが、それはそれは綺麗でした。

これで古代ギリシャ建築が終わりました。ギリシャはローマの属国になって、オリエント世界建築も終盤を迎えました。ローマの影響を強く受けるようになりましたが時代はバクス・ローマーナの終焉で。世界はがらっと様変えりいたしました、やっと長い戦いの末にキリスト教も国教化されました。次回は初期キリスト教会建築へとすすみます。長い間根気よくお読みくださりありがとうございました。
スポンサーサイト

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: タイトルなし

> 失礼します。
> プリエネの住宅等の画像を貼付けておられますが、自分も関心があって、その図が載っていて本の名前等、教えていただけないでしょうか?
質問されていたのに返事を返さなかった事にお詫びいたします。
立ち寄ってくれる人はいないと思い込んでいましたのでね大変失礼いたしました。
ご質問の本ですが、図解 西洋建築史 彰国社 とても詳しく解説、難しいくらいに
お役に立てたら嬉しいです。又お立ち寄りください。  

トラックバック

http://47hirome.blog129.fc2.com/tb.php/68-be1cef5c

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。