FC2ブログ

スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔から現在へ 知っておきたい建築様式のススメ【8.6】

2010-07-17 Sat : 建築様式 
 天を目指したゴシック建築【6】アントワープベルギー編
とはすなわち
光を求めた建築様式ゴシック !!! 天へ天へ 
アントワープの大聖堂   
ノートルダム大聖堂
あの名作アニメ「フランダースの犬」の中に何度も登場する教会です。
ネロが憧れ続けている絵画を目の前にパトラッシュとともに息絶える…あのラストシーンは涙がポロポロと流れた方も多いのでは。
ネロが見た絵画が自分の目で見ることができるのがここの「ノートルダム大聖堂」なんですよ
。 
  ベルギーの地図 
アントワープで一番有名な画家、ルーベンスの像とその後ろにノートルダム大聖堂が雄大にそびえていました。2004_0429画像0084  

15世紀後半にブルージュを追い越してフランダースの毛織物交易の中心地となり、さらに16世紀にはスペインやポルトガルが植民地から仕入れた品物をさばいて隆盛をきわめました。一時スペイン領となって衰えましたが、現在は活気のある臨海工業地帯として、バロック芸術の花開いた芸術の都として、ダイヤモンドの町として、そしてファッションの町として国際的に知られています。

2004_0429画像0086
2004_0429画像00912004_0429画像0089
外観とこんなに違う内部の明るさに驚嘆。見学者達の歓声が響き渡っているのを感じますか?
フランダースの犬(A Dog of Flanders)のネロ少年が一目見たいと憧れたルーベンス(Peter Paul Rubens)【三連祭壇画】がある所でも有名です。それはダイナミックな構図、強烈な光と影、青・赤・黒の色使い、たくましい人物、それらすべてが圧倒的なパワーで迫ってきます。また縦4.6メートルというサイズは、ただただ驚くばかりです。大聖堂にはこの絵が左に掲げられ、右にはこの絵と対なる「キリスト降架」が、正面には「聖母被昇天」があります十字架に掛けられるキリストを描いた≪十字架昇架≫で、やや伝統的様式の構図を取りながらも、ミケランジェロの研究から会得した隆々しい肉体表現が見る人をあまりの迫力で圧倒されてしまいそうです。
「フランダースの犬」の世界をさぁーご一緒に体感いたしましょう 。ルーベンスのような画家になることを夢見る少年ネロとその愛犬パトラッシュの物語です!
原作の挿絵
ファイル:Nello & Patrasche.JPGベルギーのアントワープ近くの小さな村――。
心やさしい少年ネロは、画家になることを夢見ながら、おじいさんと愛犬パトラッシュ、そして幼なじみのアロアや友だちに囲まれて、貧しいながらも幸せな日々を送っていました。ところが、そんなネロに次々と不幸がおそいかかります。おじいさんの死、風車小屋への放火のうたがい、絵画コンクールの落選……。そしてクリスマスの夜――すべてを失ったネロがたどりついた場所は、あこがれ続けていたルーベンスの絵があるのがこの大聖堂だった……。
昇架十字架に掛けられるキリストを描いた≪十字架昇架降架 磔刑に処され絶命したイエスの亡骸を降ろす十字架降下大聖堂のなかでパトラッシュと共にネロが天国へと昇っていく時はっきり見えた二つの絵画は上の絵です。私もこの絵画、ネロの気持ちになるために観てみたいと足を運びました。立ち尽くすほど圧倒され素晴らく、ネロの気持ちが充分理解出来るような気がしました。

フランダースの犬』と言えば、何と言っても最終回「第52話 天使たちの絵」の悲劇的なシーンが有名 

 突然、大きな白い光が、がらんとした堂の中に流れ入りました。月でした。いつしか雪はふり止んで、いま、雲間を逃れ出た月の光は、二つの名画を照し出しました。画をつつんであった覆いは、少年がここへ入った時すでに引き裂いてしまったから、この一瞬、「キリストの昇天」と「十字架上のキリスト」の二名画は実にはっきり認め得たのでした。思わずネルロは立ち上り、両手を画の方へさし出しました。感きわまった涙が、そのあおざめた頬にあふれ落ちました。
「見た、ああ僕はとうとう見た。」と、少年は叫びました。「ああ神さま、もうこの上はなんにもいりません。」
 足の力がつきて、膝がしらでようよう身を支えながら、なおもネルロは喰い入るように、その崇拝している荘厳な画に見入りました。清らかな月の光は、そのあこがれの画を隅々まではっきりと示しました。が、これも一瞬にしてかくれ、堂内は再びまっくらな闇がひろがりました。画の方にさし出されていたネルロの両手は、再び犬のからだを抱きました。
「ああ、神さまのお顔が拝めるだろう。――あそこに。」彼の唇がかすかに動きました。「神様は私たちをお見すてにはならない。神様は御慈悲深い――。」
「フランダースの犬」(菊池寛訳)より   

「パトラッシュ、疲れたろう。僕も疲れたんだ…。なんだかとても眠いんだ…パトラッシュ…」
ネロほら、あなたの耳にあの有名な賛美歌主よ御許に近づかんのBGMにのって天使が二人を迎えにきたのが解りますか、ねぇかすかに聞こえましたでしょう!!!!!
スポンサーサイト

トラックバック

http://47hirome.blog129.fc2.com/tb.php/95-32c40741

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。